top of page

平塚 法傳寺ボッサ




美しい伽藍の下でのエンサイオ(リハ)。 荘厳な本殿のお釈迦様に向かって歌を捧げた泣きたくなるようなあの感情。

一生忘れられない音楽体験であります。 永遠の歌友、柿木有加子さんとの、約5年ぶりくらいの久々の共演。 畠山みつこさんがフルートを吹くと、本当に更にその場の空気が浄化されるのです 素晴らしい音で支えてくださる横山裕さんのウッドベース。 そして! これがザ・ボサノバと人に教えてあげたくなる木村純さんのギター。(リハを含めるとほとんど5時間、延々ギター引き続けとなりました!)

もっともっと、お客さまに満足してもらえるように、努力しなければと。 お釈迦様のお誕生日に誓った一日でありました。

会場を作り、お檀家さんへ御声をかけてくださり、この日のこの場所を作ってくださった、 法傳寺の御住職。副住職。みどりさんにお姉さん。 会場でアクセサリーを並べて華を添えてくださった作家の千種さんと旦那様。 お客様へお茶やお菓子の提供など、ボランティアで動いてくださった方々。 そして、そして、4時間半にもわたる長い演奏を、最後まで聞いて下さったお客様がた

またこのような機会をいただいた時は、もっと楽しんでいただけるように。

精進します!

もともと、ゆかこさんとは歌声の相性が良いと言われてましたが。 このたび私が声が低くなって、ゆかこさんと、キーが同じになったことで。 これからもっとたくさんデュエットしたいなと思いました♬

お楽しみに。。。です♪

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page